包茎って悪いことなの!?

学校行事での入浴時や男友達と温泉に行ったときに、自分は包茎であるからそれを見られるのが恥ずかしく前をなにげなく隠したり、見えないところで剥いて見栄を張った経験は包茎の男子なら確実にしたことあると思います。しかしよく考えてみたら包茎ってそんな隠したり恥ずかしがったりしなければならないことなのでしょうか?今回この記事では包茎について調べ、本当に包茎は治療する必要があるほどのものなのか、包茎は恥ずかしがる必要があるものなのかなどを調べてみました。

日本人はほとんど包茎!

日本人の7割は包茎であると言われています。また包茎には種類があり剥こうと思えばすぐに剥ける「仮性包茎」、全く剥くことのできない「真性包茎」、一応剥くことはできるが剥いたら戻らない仮性と真性のあいだのような「カントン包茎」の3種類です。このうち包茎の7割は仮性包茎であり、仮性包茎は清潔にすることを心がけておけば特に問題はないのです。真性包茎は菌がたまり、性行為のときなどにパートナーに迷惑をかけることがあるので手術をした方がよく、カントン包茎は皮が亀頭を圧迫し壊死させる可能性があるので手術が必要です。このように手術が必要なものもありますが大半は手術の必要がないのです。

包茎はやっぱり手術が必要?

包茎であることによる最大のデメリットは衛生面です。また性行為時に早漏になりやすいといわれています。しかし仮性包茎は毎日清潔にしておけばさほど問題はありません。また包茎の手術は保険の適用外とされるのでとても高額な費用がかかります。また失敗すれば生殖機能に支障をきたす場合もあります。欧米では割礼という赤子時での包茎手術が一般的とされていることは有名ですが、割礼は近年減少傾向にあり、また割礼を受けた男性が包皮を付け直す手術が増えてきたりしているそうです。つまり包茎の手術は本人の意思によるものであり、強制される必要は仮性ならばないのです。また包茎は周りにもたくさんいるのでそこまで恥に思う必要もないと思われます。

包茎には、真性、仮性、カントンの三つの種類があります。病気ではないため、必ずしも治療が必要とは言いませんが、その人の希望によっては手術することもできます。

恥ずかしがる必要はない?包茎についての真実!!

Post navigation